サービス紹介

HOME 〉サービス紹介

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)【定員107名】

御殿場十字の園

入所者107名、ショート10名の方々が現在9つのエリア(ユニット)で生活しています。
各々のユニットが一つの家族の感じで、お年寄りそして職員が一緒に生活しています。時折、おばあちゃんとお孫さんの会話のように聞こえたりもします。考えますと職員は、ここにいらっしゃる方々から見れば孫ほどの年齢でもあり、親子でもあり……そんな関係作りを心掛けています。
目の前で困っているお年寄りの願い、思いを感じとり、しっかりと傾聴し、ここに住まう方がその人らしく、ゆったり、のんびりと安心して生活できるように心がけています。

代表電話番号 0550-83-1999

通所介護(デイサービス)

通所介護は、できるだけ自宅で暮らすことができるように、利用される方が日常生活を営んでいくことが出来るためのお手伝い、そして機能訓練を行うことで、多くの人との出会い、会話、気分転換を図っていただくとともに、社会的孤立感を解消して心身の機能を保つことで、ご家族の身体的・精神的負担の軽減を図ることを目的としています。

デイサービス 0550-83-2128

短期入所生活介護(ショートステイ)【定員10名】

御殿場十字の園ショートステイ

短期入所生活介護(ショートステイ)及び予防介護短期入所生活介護(予防介護ショートステイ)は、短期間施設に泊まっていただいて、食事・入浴・排泄などの介護・健康管理・その他日常生活上のお世話を行うサービスです。ご自宅から施設までの送迎も行います。介護をされているご家族の介護疲れの軽減が主な目的ですが、利用される方が少しでも安心して宿泊することが出来て、楽しい時をすごしていただけることを心がけて、季節の行事やおやつ作り、外出サービスなども行っています。

ショートステイ 0550-83-2003

居宅介護支援事業所

自宅での介護サービスを適切に利用できるように、わたくしども支援事業者が介護サービスを利用しようとする方々の依頼を受けて、実際に利用する方の心身の状況、環境、本人・家族の希望から居宅サービス計画を作成します。また居宅サービスの提供が円滑に行われるように指定居宅サービス事業者、介護保険施設等との連絡調整を行います。

居宅介護支援事業所 0550-83-2003
居宅介護支援事業所 0550-70-0606

訪問介護(ヘルパー)

サービスを利用される方が、可能な限りその居宅において、その方の能力に応じて自立した日常生活を営むことができるよう、わたくしども事業者が入浴、排泄、食事の介護その他の生活全般にわたるサービスの提供を行うことを目的としています。

訪問介護 0550-82-3051

介護タクシー

介護タクシーは、介護が必要となる方々のため介護利用に特化した完全予約制のタクシーとなります。具体的に利用できる方は、介護保険法による「要支援」「要介護」と認定された方。身障者手帳・療育手帳をお持ちの方(身体障害者福祉法における「身体障害者」)。肢体不自由(骨折などを含む)内部障害(人工透析等)の方。知的障害及び精神障害等の方々で一人では公共交通機関を利用するのが困難な方と付添いの方となります。

障害者地域活動支援事業

御殿場市・小山町で生活をされている18歳以上64歳までの身体障害者手帳をお持ちの方々に利用していただき、食事、入浴、健康管理を提供させていただきます。また一日を有意義に過ごしていただくために、多彩な創作的活動、レクリエーションを企画・運営します。また健康体操・機能訓練等の生活リハビリを基本にして、身体機能の維持向上を図ります。

グループホーム

自宅での生活が困難になった認知症のお年寄りが家庭的な環境で、介護職員と一緒に共同生活を送ります。

地域包括支援センター

御殿場十字の園は、「地域包括支援センター御殿場十字の園」と「御殿場市地域包括支援センターさくら通り」の2つの地域包括支援センターを運営しています。地域包括支援センターは、地域で暮らす高齢者のみなさんを、介護、福祉、健康、医療などさまざまな面から総合的に支えるために、御殿場市から委託を受け、地区ごとに市内に設けられました。みなさんがいつまでも健やかに住みなれた地域で生活していけるように、専門知識を持った職員が対応しています。

御殿場アドナイ館

御殿場アドナイ館は、一人部屋、夫婦部屋を合わせ30名が入居できます。広い中庭の先には雄大な富士山が見えます。東には箱根山系、北には丹沢山系が見渡せる景勝地に建っています。併設の特別養護老人ホーム「御殿場十字の園」診療所をはじめ、通所介護等の在宅介護サービスも充実しており、入居者は個性的な生活を楽しんでいます。入居されている方々の自主性尊重を基本として、明るく心豊かな生活ができるように、食事の提供、入浴の準備、相談機能の充実、余暇活動の援助、疾病、災害等緊急時の対応等を心がけています。