十字の園のこと

日本で最初の特別養護老人ホーム 十字の園の、不思議な誕生秘話

十字の園誕生秘話

ー 日本で最初の特別養護老人ホーム ー

これは、1960年前後の創立当初、日本でまだ老人福祉法が制定されていない頃のこと。
当時は生活に困難を抱える高齢者を支える仕組みはありませんでした。
十字の園が認可を受け、老人福祉の機運が高まる中、当施設をモデルとして老人福祉法が制定されたという歴史があります。
老人介護の歴史の幕開けとなった十字の園の、不思議な出会いと慈愛に満ちた誕生秘話をお話します。

十字の園 誕生秘話1

戦後の日本の復興支援のため、
ドイツの奉仕団体「ディアコニッセ母の家」から、 日本のディアコニッセ(奉仕女)育成のために、聖隷保養園(現聖隷福祉事業団)に5名のディアコニッセが来られました。
 そのディアコニッセのお一人、 ハニ・ウォルフさんが、奉仕をする中で、湿度の高い日本の厳しい夏を乗り切るため、涼しく過ごせる場所を探していたところ、浜松の山あいの渋川というところに良い土地を見つけました。
当時、聖隷保養園次長で、後に、十字の園の初代理事長になる 鈴木生二氏の出身地であったことから、相談すると、友人にわけを話してくださり、「ここを使ってください」と土地を提供してくれました。
ハニさんは、そこに小屋を建てて夏の間はそこで暮らし始めました。
 何年か過ごす間に、ハニさんは、農村の道すがら、
一人で寂しそうに寝ているお年寄りの姿を方々で目にしました。
 寝たきりの方を家に残して、家の人は農業(仕事)に行かなくてはならないからです。
 ハニさんの中でその光景がずっと頭から離れませんでした。
当時はお年寄りの失望による自殺も社会問題となっていました。

十字の園 誕生秘話1 十字の園 誕生秘話2

 ある激しい嵐の夜、ハニさんが眠りについていると、 山で土砂崩れが起き、大きな石がゴロゴロと落ちてきて、 ハニさんは怖くて必死で祈りました。
「神さま、私は何もできない人間です。どうして神さまは、 私を日本に送ってくださったのですか。どうぞ教えてください」と。
 そして、いつしか眠りに落ち、夢を見ました。
その夢は、ずっと気にかかっていたおばあさんが、 誰も聞いてくれないと一人で泣いていました。
そこに、立派な男の看護師が来て、丁寧に医療処置をし、 無言で立ち去りました。
 でもおばあさんはまだ泣いたままです。
「どうして泣いているんですか?」と尋ねると、 「私の話を誰も聞いてくれない」と。ハニさんは、 おばあさんの話に、心を砕いて耳を傾けました。
 するとおばあさんは、とても笑顔になり、喜んでくれた、 という夢でした。
 ハニさんは、「一人で寂しく寝ているお年寄りのために行動する ことを、きっと神さまは私に命じているのですね。」と。
これを使命として受け止めました。

十字の園 誕生秘話2 十字の園 誕生秘話3

 その使命を胸に、ハニさんは一旦、 ドイツに戻りました。
 日本の着物を着てドイツの教会を廻り、 日本の文化を伝えながら、 日本のお年寄りの問題を訴え、寄付を集めました。
当時で600万円の寄付が集まりました。
 その寄付をもとに創ったのが「十字の園」です。
これが日本の戦後の高齢者福祉の始まりです。

 設立時は、聖隷保養園(現聖隷福祉事業団)からの メンバーが、法律も制度もなく、 すべて手探りで先が見えない 不安定な事業を支えてくれましたが、 ハニさんは「大きな組織に頼るのではなく 神さまの力の大きさで、働く人みんなキリストの 十字架の下でだけ一つになって働く団体にしたい」と。
そこから枝分かれして「十字の園」が始まりました。

十字の園 誕生秘話3 十字の園 誕生秘話4

 「夕暮れになっても光がある」 の言葉を理念として初代理事長鈴木生二氏が決めました。  体が不自由になったお年寄りの方に「光」がある。
お年寄りも、障がいのある人も、どんな人でも その人らしく生きて行けるように、 一人ひとりの居場所が用意されている。
その人がどんな状態であったとしても、 たとえ、この地上での命が終わったとしても、 その先になお、あなたのままでいられる場所があるという 希望を伝えたい。
その思いが「夕暮れになっても光がある」 という言葉に込められています。
 自分たちが失望の暗闇の中にある人たちを 心から大切に支援することで、それを伝えて行こう。
これが十字の園のミッションです。
その思いが込められて 「十字の園」(十字架の下にある園=天国と同じ場所) と言う名に示されています。

十字の園 誕生秘話4 メッセージへ >